社会人になるまでは、パワハラやモラハラとは縁がなく、話を聞いても「そんな人、本当にいるのかな?」としか思えずにいました。

 

それが、自分が社会人になり、初めてついた上司がパワハラしてくるような人間だったのです。

 

暴言や暴力は無かったのですが、端的に言えば「俺はいいんだよ」タイプで、とことん自分に甘い人でした。そして自分の思い通りにいかないと「査定に影響が出る」とか「評価を下げる」とか、そういった言葉で脅してくるような人でした。

 

例えば、電車遅延で遅刻したことがあったのですが、その時は「社会人として良くない。多少の遅延は見越して早めに出るべき」と説教してきたのに、自分は寝坊を理由に遅刻して「昨日残業がきつかったから仕方ないよな」と言い訳する、といったことがよくありました。

 

誘われた飲み会を断れば「飲みニケーションもロクにできない奴は出世できないぞ~俺が評価を上にあげるんだからな」などと言ってきました。

実際、そんなことができるのかどうかは定かではありませんでしたが、心底うんざりしていました。

 

幸い、自分はなんてダメな奴なんだ……とか、この人に認められなければ終わる……とか、そんな風に思い詰めることはなく、常に冷めた目で上司を見ていたので冷静だったのですが、だからこそ「もうこの人の下ではやっていけない」と思い、退職しようと考えました。

 

しかし、退職したいところをすんなり退職させてくれる上司ではありませんでした。

実は、自分でハッキリと退職したいと伝えたのですが、あっさりと「退職なんて認めるわけないだろ」と言われ、それから何を言っても無視されるようになりました。

 

それで埒が明かなくなり、どうしたもんかと考えていたところ、退職代行サービスを見つけて依頼することに。

上司が聞く耳を持たず退職を認めないということを人事に直接伝えてもらい、スムーズに退職できました。退職したいのに、それを許してくれない職場で困っている人には勧めたいサービスですね。