会社には思うところが沢山あるし、辞めて転職した方が良いような気がする、と思っても、会社へ行くのはストレスフルでもう辞めたいと思うけれど、それは甘えだったり自分が弱いだけかもしれない、と思っても、それでも「会社を辞めたい」と思う瞬間は誰にでも訪れうるものです。
その「辞めたい」という感情が一時的なものなのか、それとも本心から来るもので本当に辞めるべきなのか、あるいは辞めた方が幸せになれるのか、この事を判断するのは、実は自分だけでは非常に難しい事です。

どこまで我慢すべきなのか、どこまで妥協すべきなのか、どこまで自分の希望を通せるものなのか、そのあたりの事を考え始めると、人は「本当に辞めて良いものだろうか」と悩むようになります。

そんな時は3つの柱で考えると良いと言われています。

1.仕事そのもののやりがい、内容

その仕事はあなたがやりたい仕事なのか、やりがいを感じられる仕事なのか、よく考えてみましょう。

2.待遇

給料、休日などについて、納得しているかどうか、これがポイントとなります。給料でいえば、基本給や各手当、残業代の扱いなど、休日でいえばシフト制なのかカレンダー通りなのか、年間休日は何日か、有給は取りやすいかどうか、などです。

3.人間関係

職場において人間関係はとても大切です。ちょっと気にくわない人がいる、馬が合わない人がいる、という程度であれば、そしてその人となるべく関わらないようにする事ができれば、さほど問題視しなくても良いかも知れませんが、ストレスを強く感じるほど人間関係に悩まされている場合は考えものです。

この3つの柱のうち、2つが納得いかないものであれば、その仕事は辞めた方が良いかもしれない、と言われています。
どれか1つが気になる程度であれば我慢する価値があるかもしれませんが、2つがアウトになってしまうと、どれだけやりがいがある仕事でも、待遇が良くても、いずれ限界がやってきます。

この考えはあくまでも目安のひとつで、特に3つめの人間関係については、例え他の要素が十分納得いくものだったとしても、辞めるべき理由になり得るという事を覚えておきましょう。勿論やりがいや待遇についいても同じです。極端に納得行かない状況であれば、例え他の2つの柱が良くても、退職という選択肢を取った方が良い場合もあります。

弊社では「退職したいけど、本当に退職してしまって良いものか悩んでいる」というお客様のご相談も承っております。
独りで悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。