「退職届を上司に破かれてしまったので、退職代行を依頼したい」
というなかなかインパクトのあるご依頼を受けた事もありました。

退職を止める権限は会社には無いんです!

お話を伺うと、退職したい旨を直属の上司に口頭で伝えたところ「何を言っているんだ。ダメに決まっているだろう」と断られ、その上の上司に相談したところ、急遽面談する事になり「今辞められたら困る」という事や「お前はうちの会社にとって無くてはならない存在だ」という事など、しつこく引き留められ、ご本人様も時期をずらして退職させてくれるなら、と応じたそうです。
引き継ぎをおこなってから退職するという約束を交わし、それがご本人の希望の2ヶ月後だったそうですが、そのタイミングで満を持して退職届を提出したところ、目の前でビリビリに破かれてしまったというのです。

「退職って会社が認めなければできないなんて事、ありませんよね」
と大層憤慨した様子のご依頼者様に、弊社側も力強く「はい、もちろん、退職は誰でも必ずできます。会社にそれを止める権限は一切ありません」とお答えしました。

「自分で無理矢理辞めてやる!と思っていたのですが、もう上司とやりあう事に疲れてしまって・・・もう誰かに丸投げしてしまいたくて・・・お願いできますか?」

お客様のお気持ちはとてもよく分かりましたので、大船に乗っていただき、弊社にお任せいただきました。

お客様のお話を伺っていた限りでは、手強い相手かもしれない、と弊社でもそれなりの覚悟をもって退職代行に乗り出したのですが、予想に反してあっさりと退職を認めてくれました。
最初、我々の事を弁護士か何かかとビクビクされていたので、退職を認めない事はできないという事は知っていたのかもしれません。

私たちは弁護士ではないので、法律が関係する交渉はできないのですが、ご本人の「退職したい」という意志を伝えただけですんなり受け入れてくれたため、スムーズに退職代行を遂行できました。

しかし、目の前で退職届を破るなんて、ドラマのような事が実際にあったのかと思うと、色々な事があるものだな、と思います・・・。