退職代行サービスに依頼してくださるお客様のほとんどが「退職したいと言い出せない」や「明日から会社へ行きたくない」という方なのですが、中には会社に退職を申し出たらトラブルになってしまったというお客様もいらっしゃいます。

今回ご依頼くださったお客様は、会社に退職を申し出て有給休暇を使って休みを取って海外に短期留学したいと考えていたところ、会社から「有給は取るな」と言われてしまったと相談してくださいました。

引き継ぎの都合などではなく、ただ嫌がらせのように「辞めていく奴に有給を取る権利など無い」と言われたらしく、「それは違いますよね」と相談してくださいました。

もちろん、退職が決まった従業員でも有給を取得する権利があります。
それこそ、転職を機に退職前に有給を使い果たして長期休暇を満喫するという人が沢山いる中で、「辞める人は有給を取れない」など、言語道断です。

退職代行サービスは、通常お客様の声を会社に伝えるだけの代行しかできません。
つまり、会社と直接有給や退職日、未払い金などに関して交渉する事ができないのです。
弊社も少し前まではそうだったのですが、最近新しくユニオン(労働組合)を発足させた事により、会社との交渉が実現できるようになりました。

ちょうど良かったという旨をお客様にお伝えし、私たちは会社に直接かけあい、有給が取れないなんておかしいという旨の主張を伝達しました。
何度かやりとりがありましたが、会社側は有給の取得を認め、相談してくれた方は、希望通り弊社に依頼した翌日から有給を取得する事ができました。

希望していた短期留学も、キャンセルする事なく無事に行くことができると喜んでおられました。私たちもほっと胸をなでおろした次第です。

お客様の多様なニーズや相談事に応えられる幅が広がった事で、今まで歯痒い思いをしながらお客さまのご要望にお応えできなかった部分が対応可能となり、本当に良かったです。

もし退職で悩んでいる事があれば、気軽に私たちに声をかけてください。
「退職できない」という悩み以外の悩みにもお応えできるかもしれません。