師走となり、世の中がどことなくそわそわしてきました。
年の瀬の節目という事もあり、年内に会社を辞めて新年になってから心機一転、新しい人生を歩みたいという方も増えてきています。

そこで、今回は12月に退職する際に忘れず意識しておきたい事を2つお伝えします。

年末調整

1つめは、年末調整についてです。
早いところでは11月中に提出を求められる年末調整ですが、もし年末調整を提出する前から退職したいと思っていた場合、どうすれば良いのでしょうか。
答えは、在籍期間中であれば、年末調整は提出すべきです。
退職前に年末調整を提出しておけば、会社の方で諸々の手続きを進めてくれます。
もし、年末調整を提出する前に退職してしまった場合、新しい職場の年末調整を提出しなければなりません。退職前に年末調整を提出せず、次の職場も決まっていないため(あるいは既に年末調整の処理が完了してしまっているため)年末調整が出せないとなると面倒ですので、できれば退職前に年末調整を出してしまうのが良いでしょう。
退職代行サービスを使って退職する場合は、特に(辞める気があっても)退職の意向を前もって伝えたくないという方が多いため、年末調整もいつもの通り提出するのが良いでしょう。

冬のボーナス

2つめは、冬のボーナスについてです。
12月に冬のボーナスを支給する会社が多いため、12月に退職を希望するのであれば、ボーナスを受け取ってから退職する事をおすすめします。
ボーナスが出たらすぐに辞めるというのも気が引ける・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、ボーナスは、それまでの期間での業績やがんばりに対して支給されるものなので、堂々と受け取って良いのです。
退職後にはボーナスを支給してくれない会社も少なくありませんので、ボーナスを受け取るまでは在籍して、ボーナスを手にしてから晴れて退職代行を利用してスッキリと退職するという方法がかしこいでしょう。

12月に退職代行サービスを利用する場合の心得は、年末調整を提出し、ボーナスを受け取ってから、いざ退職!という流れを取る事です。
年末だからこそ、忘れずに意識したいポイントですので、ぜひ頭に留めておいてください。