退職代行を利用される際に、トラブルになるケースも稀にあります。今回はそのトラブルについて書きます。今回のケースは、会社との間に起きたトラブルです。

退職代行サービスを利用して会社とトラブルになったり訴えられたりしたらどうしよう・・・と思っている方へ

退職代行サービスは、お客様から会社に直接退職したい旨を伝える事無く会社を辞める事ができるサービスです。

我々は「もう明日から行きたくない」というご希望にも添えられる力強い味方なのですが、一部のお客様からは「そうは言っても結局会社から直接連絡が来るんじゃない?」「もし自分自身が会社から訴えられて裁判なんかになったらどうしよう・・・」といった不安の声も届いております。

実際に、会社とのトラブルが起こる可能性は決して低くありません。会社からしてみれば、昨日まで出社してきた社員が突然来なくなり、よく分からない代理人が退職の手続きを進めに来た、というなんとも納得し難い状況に置かれるわけですから、文句のひとつも言いたくなる事は理解に難しくないと言えます。

弊社で扱った案件でも、弊社スタッフがお客様の退職の意志をお伝えし、手続きを進めている最中に、お客様から「会社の上司から自宅に直接電話があり、散々嫌味を言われて損害賠償で訴えると脅された」とご連絡を頂いた事がありました。

この時は、弊社からはお客様は何もしなくて大丈夫ですという旨だけお伝えし、弊社の方で全てに於いて対応いたしました。

具体的には専属の弁護士と労基に連絡を入れ、その後、早急にお客様がお勤めだった会社に連絡し、お客様の権利や会社の義務等々についてご説明申し上げた上で、それでもお客様への直接連絡を止めない場合は出るところに出るとお伝えしました。

その後、お客様に様子を伺いましたところ、会社からの連絡はそれきりで、平穏な日々が戻ったとの事で、我々もほっと胸を撫でおろした次第でございます。

このように、例え退職で揉めた場合も、全て弊社で対応いたします。また、会社からお客様ご自身が訴えられたり裁判に発展したりする事は、法律上ほぼ100%ありませんのでご安心ください。

退職する事が損害賠償の対象にはならないのです。これは是非ひとつ覚えておいていただければ幸いです。