退職代行サービスをご利用いただいたお客様から、トラブルの相談があり、対応した実例
をご紹介します。

実家に「訴えます」と電話が・・・

そのお客様は、客観的に見て「ブラック」と分かるような酷い会社にお勤めだったわけで
はありませんでした。

比較的名の通った企業で、待遇なども悪くない中で働いていらっしゃいました。しかし、人間関係に恵まれず、たまたま同じチームで一緒になった上司がお客様にものすごく辛く当たった事が心労となり、やがてノイローゼ状態になってしまったそうです。

その上司の方は、他の社員たちにはとても良くしていて評判も上々だったようですが、なぜかお客様にだけ執拗に辛く当たり、いじめとも言えるような酷い仕打ちをしていたそうです。しかし上司の方が信頼されているとお客様は仰り、そのため誰かに相談するような
事はできなかったと仰っていました。

心労が祟り、もう会社を辞めたいと思ったお客様。

しかし、直属の上司に辞職の旨を伝える事すら恐ろしくてできない、という事で退職代行サービスをご利用くださいました。
企業側の対応はスマートで、特に問題無く退職の手続きができました。

しかし、退職手続きが完了して暫く経ち、お客様からお電話がありました。

「実は・・・」そう言って教えてくださったのは、会社からお客様のご実家に電話があり

「裁判を起こして訴える」と言われたという事でした。

実家のお母さまから連絡がありパニック状態になっていたとの事で、私どもも詳細を伺いたかったのですが、会社からの電
話という事しか分からず、行き詰ってしまいました。

お客様ご自身は当然会社に連絡をする事はしたくない、との事でしたので、勿論私どもで対応いたしました。問い合わせ、調査してもらったところ、電話の主は元上司で、単純な嫌がらせだった事が発覚しました。

これにより、元上司がどのような処遇を受けたのか私どもの知るところではありませんが、会社からお灸を据えられたのではなかろうかと思っております。

このように会社そのものとのトラブルではなく、会社の中の特定な人物とのトラブルが生じるケースもありますが、その際にも私どもが全力でフォローいたします。

どうぞ安心して全てお任せください。